galleria!

川を見てゐた手だらうかうつすらと電車の窓にしろき跡あり

仙台に行こう! 梶原さい子歌集『リアス/椿』を読む会

塔短歌会の梶原さい子さんの最新歌集『リアス/椿』を読む会が行われます。

『リアス/椿』は2014年5月砂子屋書房から刊行されました。『ざらめ』『あふむけ』に続く梶原さんの第3歌集です。東日本大震災を機として「以前」と「以後」の2章からなる一冊。どう読まれるのか、このテキストを挟んでどのような言葉が交わされるのか、とても楽しみです。私はパネリストとして参加します。

期日:2015年3月21日(土) 13時~17時

場所:仙台市シルバーセンター(仙台市青葉区花京院1-3-2) 仙台駅から徒歩8分

            http://www.senkenhuku.com/

内容:第1部 講演「更地の向こう側―気仙沼市唐桑町宿のすがた―」

        講師:東北学院大学教養学部地域構想学科 准教授 植田今日子       

         ※東日本大震災後、著者のふるさとを民俗学・社会学の見地から   

          実地調査されている方の講演です。

    第2部 パネルディスカッション

         嵯峨直樹(未来) 高木佳子(潮音/壜) 澤村斉美(塔)

         司会:武山千鶴(塔)

    第3部 会場から

参加費:1000円(17時半からの懇親会4000円)

申し込み・問い合わせ:小林真代 riastsubaki@gmail.com

お申し込みの際には①氏名 ②住所 ③電話番号かメールアドレス ④懇親会への参加の有無 ⑤結社名等(ご所属) をお知らせください。締め切りは2月15日です。

広告を非表示にする