galleria!

川を見てゐた手だらうかうつすらと電車の窓にしろき跡あり

寒蟬と送り火

f:id:leto-kafka:19800101000043j:plain

家で使っている二十四節気の暦。猛暑や台風、断続的な豪雨、と天候は不安定ですが、暦のとおり、13日に今夏初のひぐらしを聞きました。異常気象というけれど、二十四節気はわりと当たっていることがあります。それとも、暦を見て、自分の中の季節の感覚が暦の言葉に合わせて調整されるのか。

f:id:leto-kafka:19800101000056j:plain

16日、京都の五山送り火です。写真は大文字山の「大」。午後8時に点火。大雨の警報が続き、避難指示の出ている区もあり、空も曇って山がかすみ、観光協会も「河川が増水しているから近寄らないように」とFacebookで注意喚起。行われるのだろうかと案じていましたが、点きました。送り火の日にこれほどの悪天候になるのは珍しいのでは。大、妙、法、お船、鳥居、左大文字の6カ所がKBS京都で同時中継されるのも京都ならではです。近所から、寺の鐘や静かな歓声が聞こえてきました。

広告を非表示にする