galleria!

川を見てゐた手だらうかうつすらと電車の窓にしろき跡あり

「装丁 超える 本の常識」

f:id:leto-kafka:19800101000054j:plain

時間がたってしまったのですが、先週日曜、6月22日付の朝日新聞の月刊文化プラス「装丁 超える 本の常識」という特集で、濱崎実幸さん(写真付き)、青磁社の永田淳さん、歌集『galley』が登場しました(たぶん、関西方面限定です。岐阜の実家に図書館で見てもらったところ「載ってないよ〜♪」by母 とのことだったので、東の方では使っていないと思われます)。ほかに、装丁家の土屋みづほさん、金沢の書籍発行所「亀鳴屋(かめなくや)」さん、京都の白川書院さんが登場しています。「これが本!?」と目が丸くなる「本」の数々でした。

 

東京国際ブックフェアが近づいてきました。7月2日(水)から東京ビッグサイトにて。http://www.bookfair.jp/HOME/

同時開催の国際電子出版EXPOというのも気になります。

「ゆりかもめ」に乗って、濱崎さんのお祝いがてら見に行きます。

広告を非表示にする