galleria!

川を見てゐた手だらうかうつすらと電車の窓にしろき跡あり

餅っぽい??

『galley』の装幀にたくさんの反響をいただき、ありがとうございます。装幀は濱崎実幸さんです。手に取ったときのカバーの感触に驚かれる方が多いようです。私も出来上がりに触れて驚きました。ぬめっ、というのか、ぬぅぅ、というのか。よろしければ、カバーを外してみてください。中の表紙はカバーより濃く、ぬまぁとしています(『へうげもの』の古田織部ふうに言ってみました。分かる方があればありがたし)。同じく濱崎さんの装幀による長谷川櫂さんの句集『柏餅』も、カバーを外すと中が真っ白でぬめりがあります。触れたとき、思わず「餅だ……」とつぶやいてしまいました。紙の感触で餅を表現しようとは、なかなか思いつかないでしょう(餅を表したのではないのかもしれないけれど、柏餅だし…)。濱崎さんの装幀には、そんなふうに驚きがあります。

広告を非表示にする